外壁塗装やった方がいいの?メリットがこんなにあった!

外壁塗装やった方がいいの?メリットがこんなにあった!

見た目がきれいになるだけではない

外壁塗装は新築らしく見えたりといった様な、見た目の印象を良くするメリットもありましたが他にもメリットがあります。まず防火性や防水性を向上させることが出来ます。完全に防火が出来るわけではありませんが火や熱に強い塗料があります。また雨が壁にしみなくなる役割もあります。他には遮音性があり、電車や車などの外からの音を防ぐことが出来ます。また以外にも耐震効果もあり、これは外壁の強度を向上させることが出来ます。遮熱効果もあり、部屋の中の熱や冷気も外に逃げにくくするだけではなく、外からの熱から守ることも出来ます。


知っておきたい外壁仕上げ方の種類

仕上げ方には様々な種類があります。まず吹き付けタイルには2種類あり、中粒仕上げは凹凸の模様のパターンが付き、長所は上塗りすれば性能が戻る点で、短所は上塗り材の耐久性が低い点です。もう1つは押さえ仕上げで、中粒仕上げで吹き付けた上から表面をローラーやコテで押しつぶしたもので、長所や短所は中粒仕上げと同じです。他にはリシンでアクリル顔料塗料のリシンに砂状の骨材を入れ吹き付ける方法で長所は通気、透湿に優れますが、短所としては防水力や耐久性に劣るということです。他にはスタッコでセメントモルタルや合成樹脂を吹き付けコテやローラーで押さえる方法で出来上がりは凹凸が出来ます。他にはサイディングは金属系は表面はスチールやアルミ、裏は断熱材が入っており、値段が比較的安く、丈夫で腐食しにくいという長所があります。また断熱性や耐震性にも優れていますが、さびや腐食、傷に弱いという短所があります。非金属製のものもあり、セメントや木材などを高熱処理をして作られています。湿乾伸縮に弱いことから防水が必要です。


どうやって選べばいいの

塗料には様々な種類がある為、よく比較して選び、業者の人から良く説明を聞きましょう。アクリル樹脂は有機溶剤を使用していないことから環境にやさしい素材です。ウレタン樹脂は光沢をもつ仕上がりになり、シリコン樹脂は耐熱性に優れており約600まで耐えることが出来ます。フッ素樹脂は単価は高いですが耐久年数が長い特徴があります。注意点としては塗装の色を選ぶ際は室内で見る色と外で見る色とでは印象が変わるので外で見比べるといいでしょう。



外壁塗装の相場は、数十万円から数百万円程度となっており、良心的な業者を見つけることが何よりも大切です。